巨人の星3 クロスアルファ

機種詳細説明

クロスアルファ 拡縮必要なPC性能低
巨人の星3

■巨人の星3 (2005年発売)

ついに登場!!究極の進化を遂げた、真・特訓モード搭載!!
シリーズ初の液晶で蘇る、あの伝説の名場面 !!

©クロスアルファ
© 梶原一騎・川崎のぼる/講談社
 

■ゲームの流れ

シリーズ初の液晶演出で蘇る、あの伝説の名場面!
ステージは公園(昼)、河川敷(夕)、長屋前(夜)、土手(激アツ)の全4つ。
必見の「対決演出」をはじめ、「ゴーゴーダンス演出」は、飛雄馬が上手くダンスを踊りきればボーナス確定。
それ以外にも、左門がバットの素振りでロウソクの火を消す「ロウソク演出」、花形が鉄球をバットで打ち返す
「鉄球演出」、壁穴の先にある木とキャッチボールをする「壁穴告知」、新聞の紙面から小役告知や
連続演出へ発展する「新聞演出」などの演出が満載。お馴染みの「ちゃぶ台演出」も。

ページトップへ
■真・特訓モードについて

究極の進化を遂げた、真・特訓モードでは、従来の特訓モードからシステムを一新!
10ゲーム、もしくは20ゲームが1セット。リプレイ3連続などの小役により、特訓発動のチャンス!
従来の特訓モードより、突入確率が大幅にアップ!!
更に特訓モード中は、リプレイ3連続でボーナスチャンス!4連続でボーナス確定!!

ページトップへ
■機種仕様

巨人の星3 リール配列 巨人の星3 入賞図柄

ページトップへ